大きなメリットがありますが、一方、デメリットもあります

フラット35を利用する場合には、メリットとデメリットをよく知っておきましょう。ここでは、フラット35のデメリットについてご紹介しましょう。

 

フラット35のデメリットというのは、高い返済額ということがあります。フラット35というのは、最長35年の全ての期間金利が固定であるという安定性があります。しかしながら、民間の銀行などが提供している固定金利の短期のローンに比較して若干金利が高めになっています。そのため、毎月の返済額が多くなって、家計を苦しめる可能性があります。

 

フラット35のデメリットというのは、金利の動向によっては有利でなくなることがあります。最大のフラット35のメリットは、金利の将来の上昇リスクを避けることが可能であるということにあります。そのため、金利が下降したり、金利が変動しなかったりした場合には、金利が高くなっている分、かえって損になることがあります。フラット35のデメリットというのは、物件の検査が必要であることがあります。

 

融資を受ける時フラット35の場合には、融資の対象になる家の物件検査を受ける必要があります。そのため、一般の住宅ローンに比較して、手間と時間がかかってきます。また、物件検査のための費用というのは、自分で負担する必要があるので、イニシャルコストも増加してきます。

 

しかしながら、楽天銀行などのフラット35は、やはり固定金利で最長35年までの期間住宅ローンを利用できるなどのメリットがあるため、非常におすすめと思います。